住み替え(不動産売却)で仮住まいが必要になった際の有効な選択肢 | 家ってYEAH!
   

住み替え(不動産売却)で仮住まいが必要になった際の有効な選択肢

自宅の住み替えや買い替えを行った場合、新居への引越しまでに時間が必要になる場合も多く、仮住まいが必要になるケースは多々見受けられます。
仮住まいを選ぶ際にはどのような選択肢があり、それぞれにどんなメリットがあるのか、特徴を押さえながら確認していきましょう。

住み替え(不動産売却)で仮住まいが必要になった際の有効な選択肢を解説します

一般的な賃貸物件を選ぶ


第一の選択肢となるのが、一般的な賃貸物件の紹介を受けて入居するという方法です。
物件の種類が非常に多いことが最大のメリットで、希望する地域の中から物件を探せることはもちろん、部屋の広さやセキュリティなど様々な希望を満たす物件を選べます。
例え仮住まいだとしても、じっくりと腰を据えてリラックスできる環境に身を置きたいと考える方にとっては最良の選択肢と言えるでしょう。

ただし、一般的な賃貸物件に入居する際には高額な初期費用の支払いが求められることになります。
敷金や礼金、仲介手数料などの支払いに加えて引越し料金等の支出も計算に含むと初期投資が大きくなるため、短期間の腰掛けには向いていません。

ただし、UR賃貸住宅の物件を選択すると敷金や礼金、仲介手数料の支払いは必要なくなります
代わりに敷金の3ヶ月分を支払うことが契約の条件となりますが、敷金は退去時に清算されるため、短期間で退去することが前提であれば契約者にとって有利です。
人気が高い立地の物件においても家賃が安いため人気も高く、空き物件が見つかるかは運次第ですが、条件の良い物件が見つかれば選択肢に加えるべきでしょう。

[ietty/]

ウィークリー・マンスリータイプのマンションと契約する


ウィークリーマンションやマンスリーマンションと契約して仮住まいを決めるという方も多く見受けられます。
こういったタイプの物件の場合、契約期間満了後には退去することが前提となるため、仮住まいが目的だと告げても入居に難色を示されるリスクがありません。
また、家具や家電が設置されていることが普通ですから、大きな家具・家電を処分または売却中の物件に残したまま仮住まいを見つけたいという方にも最適な選択肢です。

ウィークリー・マンスリータイプのマンションは、一般的な不動産契約とは異なり、敷金や礼金、仲介手数料等の支払いを求められることがありません
賃料のほかに必要となるのは所定の契約手数料や清掃料のみですから、ごく短期間の仮住まいが必要だという場合にはコストパフォーマンスが抜群です。

ただし、一般的な賃貸物件と比較すると1日あたりにかかる賃料が高くなることがデメリットで、入居が長期間になればなるほど損をしてしまうことがあります。
物件によっては壁が薄い、駅から遠いなどのマイナス要素を持つこともあり、上質な物件を求める方に必ずしも向いているとは言い切れません。

ホテルに滞在する


金銭的にある程度の余裕があるという場合には、ホテルを仮住まいにして滞在するという選択をすることもできます。
会社から近いホテルなど利便性の高さに着目しながら仮住まいを選べることがメリットで、上質な空間で暮らしたいという方にとっては非常に魅力的です。
部屋の掃除なども全てホテルスタッフに担当してもらえますから、仕事や新居選びに集中できることもホテルを仮住まいとするメリットと言えるでしょう。

デメリットとなるのは、言うまでもありませんが滞在のためにかかる費用が膨れ上がってしまうという問題です。
敷金や礼金などは一切かからず、宿泊費用の支払いだけで済みますが、滞在が数ヶ月単位に及ぶと莫大な賃料がかかってしまうことになります。
また、家具や家電などを部屋に持ち込むことができませんから、新居が決まるまでの間は別途貸し倉庫等を利用して荷物を保管しなければなりません。
契約までの数日間を過ごす仮住まいとしてはおすすめできますが、一般的な感覚としては長期滞在に向かず、ワンポイントで利用すべき方法と言えます。

実家や親戚、友人の家を頼る


最もお金をかけずに仮住まいを見つけるための方法が、実家に戻ったり、親戚や友人の家を頼ったりして仮住まいにさせてもらうという選択です。
若干の謝礼やお金に代わるお礼こそ必要になる場合もありますが、この方法を選べば基本的には家賃等を支出することなく仮住まいを見つけられることになります。
空きスペース次第にはなりますが、家具や家電の保管に応じてもらえる可能性もありますから、頼る場所がある場合には仮住まいにできるか打診してみても良いでしょう。

ただし、既に結婚して家庭を持っているという場合には、仮住まいとして実家や親戚・友人宅を頼るというのはあまり現実的ではありません。
家主の許可が下りなければ選ぶことのできない仮住まいの方法でもあるため、皮算用をせず、あくまでも選択肢の一つという程度にまで止めておくべき方法と言えるでしょう。