タワーマンションの低層階を売却する際に注意すべきこと | 家ってYEAH!
   

タワーマンションの低層階を売却する際に注意すべきこと

近年ではタワーマンションの建設から街作りを始めている都市もあるほど、いわゆる「タワマン」は現代人にとって憧れの象徴とも言える存在になっています。
そんなタワマンにも眺望の良い高層階とそうではない低層階があり、高層階ほど価値が高く、注目も集まりやすくなることが事実です。
それではタワマンの低層階を効率良く売却するためにはどんな点に注意すべきなのか、細かく分析しながら学んでいきましょう。

タワーマンションの低層階を売却する際に注意すべき点についての解説

敢えて販売ラッシュの期間を避ける


新生活をスタートさせる4月までの入居を希望する方が多いという事情があるため、不動産の販売ラッシュとなる期間は12月~2月頃と相場が決まっています。
この期間には同じ地区でライバルとなる物件の販売も相次ぐことになりますが、タワーマンションの場合には世帯数が多いため、同じマンションの中からライバル物件が登場する可能性が出てきます。
仮に同じマンション内のライバル物件のほうが眺望や間取りに優れ、条件面でも大差が無いとなれば、残念ながらその物件に勝てる見込みは少なくなることは明らかです。

ですから、タワマンの低層階を売却したいという場合には、同じマンションの中からライバルが現れにくいタイミングで販売を開始するという方法を選ぶことが有効です。

大手の不動産ポータルサイトを確認すれば分かりますが、検索条件の中に「タワーマンション」という項目が搭載されるほどタワマンは高い人気を誇っています。
例え売り時の期間を逃したとしても、タワマンというステータスだけで自動的に注目が集まりますから、宣伝効果が大きく損なわれることはありません。
少しでも比較対象になるライバルの存在を避け、自分が売り出す物件だけに視線を集中させることこそが、低層階の売却を成功させるための最大のコツと言えます。

[post_link/]

室内だけをアピールしても勝ち目は無い


タワーマンションといえばやはり眺望に期待する方が多く、内覧に訪れる人も低層階であることを予め承知していたとしても、実際の景色を見てガッカリしてしまうということは珍しくありません。
また、タワマンの間取りは高層階や角部屋ほど広く豪華に作られていることも多く、室内だけをアピールしていても他の物件を上回る好印象を残すことは不可能です。
そこでアピールすべきなのは、タワマンならではの設備の素晴らしさや、マンション全体の管理体制が優れているというポイントになります。

最近ではジムに通ってボディメイクをする人が多く、月額1万円以上をジムに費やしている人も大勢おられますが、タワマンには居住者であれば無料で使用できるジムが備えられていることがあり、これは購入希望者にとって大きな魅力です。
エントランスなどの共用部分が豪華な造りになっていることや、フロントが24時間体制で業務を行っていること、警備員が常駐していることなども一般的なマンションには無い利点として伝えられます。
また、ラウンジやゲストルーム、多目的ルームなどの存在を挙げ、室外であれば高層階等からの眺望が優れていることを伝えることにより、低層階の物件でもプレミアを感じてもらうことが可能です。

[textlink]

如何に割安に感じてもらえるかがポイントになる


低層階のタワーマンションを売却するためには、高層階と比較して環境面で劣っていることを認め、割安に感じてもらえるように誘導することこそがポイントです。
低層階も高層階もマンション名自体は変わりませんから、ブランド的価値が高い物件に住めるという事実は、購入希望者に対して一定の訴求力を持つことになります。

「同じマンションでほぼ同じ間取りでも、低層階になるだけでこんなに安くなりますよ」といった言葉で割安感を示すことができれば、例え内覧に訪れた人にとって期待通りの眺望でなかったとしても、妥協して購入を希望してもらえる可能性が出てきます。

震災などの被害に遭った場合にも、高層階から避難するとなると非常階段の上り下りで苦労してしまいますが、低層階なら素早く安全にマンションの外に出やすいこともプラス材料としてアピールできます。
高層階と違い窓の開閉ができること、バルコニーに出られること、洗濯物を干せることなどの利点がある場合には、これらの要素も忘れることなく購入希望者に伝えましょう。
また、タワマンの購入を希望する人の中には、低層階の住民が高層階の住民からいじめられるのではないかと心配する方もおられますから、そのような問題が無い場合にはハッキリとその事実を伝えることも有効です。

このように、普段の生活の中で感じた利点を整理して伝えることによって、低層階の部屋でもスムーズに売却できるようになります。
室内の環境やコンディションだけに捉われず、マンション全体の設備や立地の良さをアピーツしながら、低層階ならではの良さを伝えることを心がけましょう。

[post_link/]