仮住まいなしで住み替え・買い替えを行うための方法 | 家ってYEAH!
   

仮住まいなしで住み替え・買い替えを行うための方法

住み替えや買い替えを行う際には仮住まいが必要になる場合もありますが、家を借りるとなればどんな方法を選んでも高額な出費を避けることができません。
買い替えるマンションのグレードを高めるためには節約も重要になりますから、仮住まいなしで住み替え・買い替えを行うための方法も知っておきましょう。

仮住まいなしで住み替え・買い替えを行うための方法

買い先行で住み替えや買い替えを行う

仮住まいなしで住み替えや買い替えを行うための具体的な方法として、最も有効で確実な方法は「買い先行」の取引を行うことです。
先回りして新居を設けた後に物件の売却を目指すことができるため、仮住まいを行う必要性が一切なくなります。
引越し費用やマンション契約に必要な費用を余計に支出せずに済みますから、長い目で見れば最もお得な住み替え・買い替え方法になる可能性もあるでしょう。

ただし難点になってしまうのが、一定の金銭的余裕がなければ買い先行で住み替え・買い替えを実行することは難しいということになります。
売却予定の物件に住宅ローンが残り、新居もローンで購入するとなれば、売却が成立するまでの間は二重でローンを支払わなければなりません
場合によっては住宅ローンの申請そのものが却下されてしまう可能性もあり、買い先行で取引をしたくても実際にはできない方が多いというのが実情です。

スポンサードサーチ

購入と売却を全く同じタイミングで行う


購入と売却のタイミングを一致させ、同時決済という方法で取引を進めることによって、仮住まいなしでスムーズな住み替え・買い替えが可能になります。

正式な契約を交わす前日までに新居への引越しを完了させておけば、売却する物件の明け渡しと新生活をスムーズに始めることが可能です。
二重ローン等のリスクを回避することもできるため、仮住まいなしで住み替え・買い替えをするために最適な方法とも言えるでしょう。

その一方で、売買のタイミングを合わせるために様々な努力を重ねなければならないことはデメリットになってしまいます。
特に売却のタイミングを売り主が決めることは難しく、売買で同意していたとしても、住宅ローンの申請が却下されるなどのトラブルが起こらないとも限りません。

新居を選ぶ際にも、決済日よりも前に引越しを完了させたいという希望を通すためには、先方の許可を得る必要があります。
売却と購入のタイミングを完璧に合わせられたとしても、決済完了後でなければ受け渡しに応じないと言われてしまうと、スムーズな引越しはできません。
売買のタイミングを合わせるためには、それぞれの仲介業者と密に連絡を取り合い、全員の妥協点を引き出しながら決済日を探るころが重要になります。

また、先方の都合で決済完了まで引越しができないという場合には、引越し業者による荷物預かりサービスを活用するという選択肢も用意されています。
家財の搬出を事前に行い、翌々日など指定した日時に配送してもらえるサービスを提供する引越し業者もありますから、こういったサービスを賢く活用しましょう。
1日程度であれば最低限の手荷物だけでも生活できるということであれば、この方法を使って仮住まいなしで引越すということもおすすめできます。

ホテルを使ってやり過ごす

住み替えや買い替えの具体的な日時が決まっており、数日~数週間程度で引越しができるという状況にある場合には、ホテルを使ってやり過ごすことがおすすめです。
宿泊費用こそかかってしまいますが、仮に1泊5,000円のホテルを利用できた場合には、10日間宿泊しても滞在費用を50,000円に抑えることができます。
一般的な賃貸物件を契約すると、家賃のほかに仲介手数料や敷金礼金の支払いが求められ、50万円以上の初期費用が必要になることがほとんどですから、比較すればホテル住まいが圧倒的にお得です。

ホテルによっては、掃除など必要なことは全てスタッフに一任することもできますから、住み替え・買い替えに専念できることもメリットと言えます。
特にご夫婦やご家族で引越しを行う直前ということであれば、旅行を兼ねてホテルに宿泊するというのも良い思い出の一つになることでしょう。
どうしても一時的な仮住まいが必要になってしまった場合には、ホテルに滞在してやり過ごすというのが最も効率的でリーズナブルになります。

不動産業者独自のサービスを利用する

不動産業者が提供する独自のサービスを利用することでも、仮住まいなしで住み替え・買い替えを進められます。
例えばコスモスイニシアの「住みながら買取り」は、売却を完了させた後に最大2年間に渡って賃貸で同じ物件に住み続けられるという特殊なサービスです。

この期間を利用してじっくりと新居を探すことができますし、引越しまでの間は住み慣れた家から離れる必要もなく、妥協せずに落ち着いて住み替え・買い替えを行うことが可能になります。

一括査定サイトを見てみる
住み替え(不動産売却)で仮住まいが必要になった際の有効な選択肢
お得に住み替え・買い替えを実行するために覚えておきたいテクニック