根強い人気の新潟。不動産売却、査定額も高い新潟の物件とは | 家ってYEAH!
   

根強い人気の新潟。不動産売却、査定額も高い新潟の物件とは

不動産事情は各都道府県によっても異なり、地域の特性を生かした物件ほど多くの関心を集めやすく、不動産売却の際にも高額査定が付きやすくなります。
新潟県で取引されている不動産の場合、どのような物件が高く評価される傾向にあるのか、地域の不動産事情を交えながら深く知っていきましょう。

根強い人気の新潟。不動産売却、査定額も高い新潟の物件とは

新潟県の不動産事情について

日本海側にある新潟県は海に面する地域も多く、面積そのものも広い県として知られており、合計8つという多くの区画に分けられていることが特徴的です。
名産品であるコシヒカリは全国的に名の知れたブランド米であり、農家はもちろん、コメを生かしたお菓子作りを行っている大手企業が多いことも特徴と言えるでしょう。
このような事情を持っていることから、農地として使用されている地域が多いという特徴も挙げられ、住宅地として使用されている地域はある程度定まっています

戸建て住宅で活発に取引されている地域としては、新潟市西区や東区、長岡市、上越市などの存在を挙げることができます。
マンションでは新潟市中央区が圧倒的に多く、戸建て住宅の取引が目立つ東区や長岡市、上越市といった地域には売買の機会そのものがほぼ見受けられません。
取引が多いエリアは需要が高いエリアとも言い換えられますから、まずは人気のエリアほど高額で売却しやすいということを覚えておくと良いでしょう。

[tax_link/]

1500万円以下で購入できる物件が約半数

新潟県における2019年の相場を見てみると、戸建て・マンションのどちらを選んだとしても、売り出されている物件の約半数が1500万円以下という価格帯に設定されています。
3000万円を超える物件は全体の1/10以下にまで減り、5000万円以上の物件は数えるほどしかなく、ごく少数の大規模な物件に限られるということが分かりました。

この基準を元にし、1500万円以上での売却が見込める物件の特徴を整理してみると、第一に専有面積が広い物件ほど高額で取引されやすくなっています
80平米を越える物件になれば高い評価が付きやすくなり、新潟県全体の平均売却価格を上回る査定を受けられる可能性が高まる様子です。
この背景には、県内にはファミリー層の居住者が多いという事情があり、必然的に面積が広い3DK以上の物件に人気が集中しやすくなるという新潟県の特性が見え隠れします。

新潟県は、都心と比較すれば交通網が発達しているとはお世辞にも言い難く、駅からの距離によっても物件の市場価値は大きく左右されます。
自家用車でしか通うことができない地域の場合には査定価格が下がりますが、バスが利用できる区域であれば一定の評価を受けることが可能です。
特に高い評価を受けているのはやはり駅から徒歩15分以内という物件であり、とりわけ複数の沿線を利用できるエリアや、始発駅付近の物件も高額査定に繋がっています。

また、上越新幹線を利用して東京方面に通勤しているサラリーマンも一定数存在していることから、新幹線停車駅やその付近の住宅も高額で査定されやすくなります。
ファミリー層からは駅へのアクセスが良い物件以外にも、大きな公園や百貨店などが揃う繁華街に近いエリアの物件の人気も高く、これらの物件も高額査定を期待できます。

新潟で高く売りやすい物件の詳細

戸建て住宅、マンションの双方において、新築や築浅の物件ほど人気が高くなりますが、築年数が経過しているからと言って大幅な値下がりをすることはほとんどありません
築15年~20年程度までの物件であれば高い水準の査定が出ていますし、それ以上の年月が経過していたとしても大きく価値が崩れることは無いでしょう。
マンションにおいては特にその傾向が強く、新築マンションの建築があまり多く行われていないため、古いマンションでも依然として高い注目が集まっています。

マンションの場合、特に高額での売却を望めるのが新潟市中央区であり、この地域には14階建て以上の高層マンションも建ち並び、高い人気を誇っています。
中央区は県の窓口である新潟駅からのアクセスが良いことに加え、ショッピングセンターからの距離も近く、利便性が高いため人気が集中する傾向にあるのです。
新潟市中央区にあり、ファミリー層向けの間取りの物件で、最寄り駅やバス停から徒歩圏という条件が揃えば、県内では特に高額な査定を受けられることでしょう。

都心では不動産価格が高騰していますが、新潟県では比較的安定した売却価格を維持しており、首都圏から新潟県への移住を計画する人物も増えてきました。
広くて条件の良い物件を比較的低予算で見つけられる新潟県の物件は、遠距離通勤を視野に含んだ家庭を持つサラリーマンからも注目される存在です。
そのため、都心へのアクセスの良さをアピールしたり、子供を育てる環境に秀でていることをアピールしたりすることで、物件の価値をより高めて注目を引くことができるでしょう。