仲介か買取か…双方のメリットを正確に押さえよう | 家ってYEAH!
   

仲介か買取か…双方のメリットを正確に押さえよう

マンションを売却する際、不動産業者を通す場合には、仲介か買取かの二者択一を迫られることになります。
双方が特有のメリットを持っていますが、一体どちらを重視して売却を進めれば良いのでしょうか。
仲介と買取という二つの売却方法を公平に評価し、シチュエーションに合った最適な売却方法を検討していきましょう。

高値での売却を重視するなら仲介がおすすめ

仲介は、文字通り不動産業者に仲介してもらって買い主を探し、自分が付けた価格をベースにして不動産売却を行うという取引方法です。

大よその査定価格は不動産会社によって決められますが、自分自身の希望を価格に反映させることができ、妥協を許さずに売却を進められることが最大のメリットになります。
結果として高額で売買できるケースが多いため、マンションを少しでも高く売却することを優先したいという方に特におすすめです。

仲介では世間一般に広くマンションの情報を公開し、主に個人向けにマンションを売り込んでいくことになります。
購入希望者を探すことが不動産仲介業者の役割になり、地元のみならず地方や海外からも購入希望者を探してもらうことができます。
もしも希望通りにマンションが売れないという場合には、担当者と相談して価格の再設定などにより立て直しを図ることもでき、精神面での支えも受けながら売却に臨むことが可能です。
購入希望者の紹介を受け、売買をサポートしてくれるというサービスと引き換えに、売買金額に応じた所定の仲介手数料を支払う義務が生じます。

仲介のデメリットとして挙げられるのが、すぐにマンションを売却できる保証が無いという点です。
一般的にマンションの売却には3~6ヶ月程度の期間が必要とされていますが、需要のバランスによっては更なる長期戦を強いられるというリスクがあります。
また、内覧に訪れた購入希望者と接する必要があることや、担当者との面談を定期的に行わなければならないことをデメリットに感じる方もおられるようです。

[post_link/]

素早く売却を完了させることを重視するなら買取がおすすめ

いつマンションが売れるか予測できないという仲介のデメリットを解消させているのが、買取という取引方法です。
買取の場合には一般から購入希望者を探すことは一切せず、不動産業者に直接マンションを買い取ってもらうことになります。
売買価格の金額がまとまり次第、すぐに売買成立となりますから、1ヶ月以内に全ての取引が終了するというケースも決して珍しくありません。

買取では、現状そのものの状態を不動産業者によって査定してもらえますから、売却のためにリフォームや念入りな掃除を行う必要が全くありません
大々的な宣伝活動も不要なので、隣に住んでいる人にすら悟られないまま売却を進められることもメリットと言えるでしょう。
相手方が存在しない売却方法なので、仲介とは異なり仲介手数料を不動産業者に支払う必要もありません

一方でデメリットとなるのが、仲介を利用して売買するよりも安い金額でマンションを手放さなければならないことです。
買取を行う不動産業者は、その後に市場価格で転売して利益を得ることを試みるという事情があるため、どうしても査定価格は実勢価格に及びません。
仲介との差額は物件の条件によっても異なりますが、一般的には20%程度となることが多くなっています。

仲介と買取、どちらを選ぶべきなのか

一般論として、仲介を選んだほうが高額でマンションを売却できる可能性が高いため、まずは仲介を第一候補に定めることをおすすめします。
わずか数ヶ月という期間を急ぐだけで数百万円単位の損失を生んでしまう可能性もありますから、基本的には仲介を希望してマンションの売却を進めていきましょう。

一方で買取をおすすめするのは、売却を急がなければならない何らかの事情を抱えている売却希望者です。
例えば突然の転勤が決まり、持っているマンションを処分しなければならなくなったというケースでは、即座に現金化が可能になる買取がとても便利です。
転勤先や引越し先ですぐに新しい住宅を購入したいという場合でも、買取を利用すればすぐに代替の資金や頭金が手に入ります。

遺族間の問題や税金の問題が発生しやすい相続物件の売却を行うという場合にも、即効性のある買取は便利と言えるでしょう。
仲介で必要になる様々な手続きが面倒だという方も、買取を選択すれば余計な手間がかかりません。

マンションを売却する際の基本は、まずは仲介を利用して少しでも高値で買い取ってくれる人物を探し、どうしても売れなかった場合に買取へとシフトするというものになります。
不動産業者は仲介に強い業者と買取に強い業者が存在しますから、仲介から買取に移行する場合には、別の会社の査定を受け直すというひと手間をかけることも重要です。