インスペクションの実施が一戸建ての売却に好影響を与える | 家ってYEAH!
   

インスペクションの実施が一戸建ての売却に好影響を与える

皆さんはインスペクションという言葉をご存知でしょうか。
インスペクションは日本語に置き換えると建物検査に当たる言葉であり、実施することによって住宅の安全性を専門家にチェックしてもらうことができます。
ハウスインスペクションともいいます。
これを受けた結果として、一戸建ての売却にどのような好影響が与えられるのかを分かりやすく解説していきましょう。

インスペクションを実施すれば売却成功率が上がる

インスペクションの実施によって調べられる項目は主に二つあり、一つが建物の劣化状況のチェックで、もう一つは何らかの構造上の欠陥が無いかどうかの確認です。

一戸建ては日常生活や天候・気候の影響により経年劣化が避けられませんが、インスペクションを行うことで専門家が建物のコンディションを見極めてくれます。
インスペクションによって通常の経年劣化の範囲内であることを証明できれば、物件の価値を崩すことなく売却を進められるというメリットを得られます。
また、買い主にとっては今後どの程度のペースでどの部分に改修が必要なのか見通しを立てられるので、具体的に購入後の生活をイメージできるようになります。

欠陥住宅も社会的な問題になっており、特に一戸建ての場合には欠陥住宅を警戒する方が多く、古い住宅には買い手が付きにくくなるという問題が発生することも事実です。
インスペクションでは構造上の欠陥の有無についても調べてもらうことができ、安全性に関するお墨付きを受けられるため、購入希望者が安心して購入に踏み切ることができます。

検査の結果、売却を行うためには修繕や修理が必要だということが判明した場合には、ピンポイントで修理に必要な場所について根拠を元に知らせてくれるという点が売り主にとってのメリットです。
単純に修繕やリフォームと言っても、具体的に何をどうすれば良いのかイメージすることは困難ですが、インスペクションによって明確な改善点を導き出すことができます。
スポンサードサーチ

インスペクションが与える金銭的なメリット

インスペクションを実施するためには、当然売り主側が費用を負担することになりますが、インスペクションによって売却価格が上がったという報告例は目立っています。
不動産業者に査定を依頼する際にも、インスペクションを実施した結果が良好だったというだけで査定価格が大幅にアップすることも決して珍しくありません。
建物に価格相応の価値があるという事実を第三者機関に示してもらうことによって、売り主側としては強気な態度で売却に臨めるということになるのです。

仮に査定価格が大きく上がらなかったとしても、購入申込書を提出された後に大幅な値下げ交渉を仕掛けられる可能性を下げることは可能です。
一戸建ての健康状態が良好で、今後も問題なく使用できることを立証できれば建物の実質的な価値は上がりますから、足元を見られずに強気で交渉できるようになります。
反対に人気が高い物件であるという印象を与えて、購入希望者に圧力をかけられるようになるので、売り主の言い値で購入を決めてくれる買い主も見つけやすくなるでしょう。

こういった事情により、高額で一戸建てを売れるというだけではなく、速やかに売買を成立させられる可能性が高まることもインスペクションを実施するメリットと言えます。
特に築年数が経過した一戸建ての場合、それに比例して購入希望者の不安も増していきますから、インスペクションはより効果を発揮することになります。

インスペクションで売却後のトラブルも予防できる

一戸建ての売却の場合、意外に多いトラブルとして報告されているのが、売却を完了させた後になって買い主からのクレームを受けるという問題です。
売買契約を結ぶ際に、物件に何らかの問題が潜んでいることが買い主に伝わっていなかったという場合、買い主が実際に一戸建てで暮らし始めて以降に問題に気付き、契約違反であると主張されることがあります。

売り主としては不動産業者と協力し、可能な限り物件や設備に問題が無いか確認した上で売り出しますが、建物の内部のトラブルに気付くことは困難です。
例えば基礎に欠陥があったという場合などには、長く住んでいた売り主自身も問題に気付けなかったのですから、トラブルを予見できるはずもありません。
買い主からクレームを受けた場合には話し合いに応じる必要が出てきますし、仮に売り主の落ち度が認められる場合には、修繕費用の負担を迫られる恐れもあります。

このような想定外のトラブルについても、事前に住宅に関する様々な検査を受けられるインスペクションを行っておくだけで対策が完了します。
些細な問題すら見逃さずに一戸建ての状態を把握し、売買契約書等で通知することによって、売り主と買い主双方の利益を守り、スムーズで円満な不動産取引を進められるのです。