売却に伴う費用ってどれくらい?売却にかかる費用の内訳を解説 | 家ってYEAH!
   

売却に伴う費用ってどれくらい?売却にかかる費用の内訳を解説

一戸建てなどの不動産を売却するに当たっては、不動産業者に支払う仲介手数料を筆頭に様々な費用の支出が求められます。
売却を始めてから完了させるまでの間にどのような費用がかかるのか、多くのシチュエーションを想定しながら具体的な金額を導き出していきましょう。

売却にかかる費用の内訳

絶対に支払いが必要な仲介手数料

不動産業者と媒介契約を結んで物件を売却する場合には、業者に対して仲介手数料を支払うことが義務になります。
仲介手数料があるからこそ不動産業者は懸命に買い主を探してくれる訳ですから、仲介手数料は一種の成功報酬として考えても良いでしょう。

仲介手数料には上限が設けられており、売却価格の3%+6万円+消費税が限度となるため、これ以上の請求に応じる必要はありません。

目安として具体的な数字を出すと、売却価格が3000万円だった場合の仲介手数料は103万6800円、5000万円だった場合には168万4800円が支払いの上限額です。
これはあくまでも仲介手数料の上限額であり、不動産業者によっては仲介手数料の値下げに応じてくれる可能性もありますから、値下げ交渉を行ってみる価値はあります。

[post_link/]

ローンの残債がある場合には返済が必要

売却する物件にローンの残債がある場合には、全額を返済しなければなりません。
売却した金額で全額を賄えれば問題ありませんが、それだけでは足りないというケースにおいては預貯金等から差額を支払う必要があります。
住み替える物件で新しくローンを組む場合には、そのローンとまとめて残債を支払うという選択も残されるため、各々のケースに応じて返済方法を考えていきましょう。

また、ローンの繰り上げ返済を行うときには、所定の事務手数料を支払う必要も生じます。
事務手数料は一般的なローンを組んでいる場合には5000円程度、固定期間選択型のローンを組んでいる場合には最大でおよそ50000円の支払いが求められます。

もう一点、売却する物件に抵当権が設定されているというケースでは、抵当権を抹消するための費用も追加で必要になります。
抵当権を抹消するための費用は1000円と少額ですが、司法書士等に依頼して抵当権を抹消してもらうためには別途代理人への報酬が発生します。
この金額は事務所によって変動しますが、多めに見積もっても10000円程度を用意しておけば十分に賄うことが可能です。

売買金額に応じた印紙代

売買契約書に貼り付けるための印紙代も必要になります。
一例として1000万円以上5000万円以下の契約の場合には10000円、5000万円以上1億円以下の契約の場合には30000円分の収入印紙の購入が必要です
これは売買契約書1通につき1口必要な金額になるため、売り主と買い主の双方が売買契約書を作成する場合には、2口分の収入印紙を購入しなければなりません。

法律上、収入印紙の購入は絶対に必要なものであり、収入印紙を貼り付けていないことが発覚した場合には、後に3倍の印紙代を請求されることになります
不動産業者の仲介を受ければミスが起こることはありませんが、売買契約書を作成する際には念のためにしっかりと収入印紙の有無を確認しておきましょう。

売買益が生じた場合には譲渡所得税が発生する

もし物件を売却した際の金額が購入価格を上回り、売却によって利益が発生した場合には、譲渡所得税を納付する義務が生じます。
譲渡所得税は二段階に分かれており、所有してから5年未満の物件の場合は短期譲渡所得、所有後5年以上の物件の場合は長期譲渡所得として扱われます。

短期譲渡所得の税率は所得税と住民税を合わせて39%、長期譲渡所得の税率は所得税と住民税を合わせて20%と、いずれも比較的高額です。
また、平成49年度までに行われる不動産売買には、復興所得税として所得税に対して2.1%を追加で支払う必要があります。

ただし、仮に売却益が出ていたとしても、仲介手数料や登記費用などは経費として差し引くことができる上、様々な控除を適用することも可能です。
そのため、一般的な住宅の場合には譲渡所得税が発生する可能性は低く、特に意識しなければならない支出ではありません

マイホームを売却した時の譲渡所得税の特例について

[tax_link/]

支払いの義務がない支出も多い

ここまでに紹介した支出は全て原則として支払いの義務があるお金ですが、それ以外にかかる可能性のある費用についてもまとめておきましょう。

まずは物件をより魅力的にするための費用として、リフォーム代金やホームステージングの契約料金を支払うことがあります。
リフォームは大掛かりな場合になると300万円程度、ホームステージングはグレードにもよりますが数十万円程度の支払いが必要です。

物件に付いた臭いや汚れを落とすためのハウスクリーニングの料金は、1回につき最大で15万円程度になります。
また、仮に一戸建てを壊して更地にしてから売ることになった場合には、建物を解体するための費用として200万円前後の支払いが別途必要となります。

売却スピードアップに繋がる!?空き家を売り出す際に役立つホームステージングの魅力

まとめ

売却価格が3000万円の場合、最低でも掛かる費用は下記の通りです。

仲介手数料 1036800円
収入印紙   10000円
ハウスクリーニング 150000円
ホームステージング 300000円
————————————
売却に伴う費用  -1496800円
差し引き 28503200円

上記に加え、雑費(不動産会社までの交通費や契約の為に仕事を休む等)。
リフォームが必要な場合等も費用が掛かります。

仲介手数料は売却して生じるものですが、クリーニングやホームステージング等は販売開始する為に必要な費用ですので、事前に用立てる必要があります。

不動産の売却には、大きなエネルギーを必要とします。
それらを助けてくれるのが不動産会社ですので、丁寧親切な業者を選ぶ必要があります。
これらの売却に伴う費用についても丁寧にアドバイスしてくれると思いますので、分からない事は遠慮せずに相談したほうが良いですね。

[textlink]