数ある不動産業者の中から、信頼できる営業マンを見極める方法 | 家ってYEAH!
   

数ある不動産業者の中から、信頼できる営業マンを見極める方法

一括査定などを利用して一戸建てを売却する際には、短期間の間に複数の不動産業者と連絡を取り、各社の営業マンと話し合いの機会を持つことになります。
この際に信頼できる営業マンを見極めるためには、どのようなポイントに着目すべきなのでしょうか。
少しでも高く一戸建ての売却を成立させるために、質の高い営業マンを選び抜くためのコツを知っておきましょう。

一括査定サイトを見てみる

数ある不動産業者の中から、信頼できる営業マンを見極める方法を解説します

信頼できる営業マンの人間性の特徴

一戸建ての売買では、不動産業者を通じて購入希望者を探すことになるため、営業マンは窓口としての役割も果たすことになります。
そのため、不動産業者としての技術や知識以上にまずチェックしておきたいのが、営業マンの人間性についてです。
社会人としての一般的な常識を備えているかどうかを見極めることが重要なので、挨拶がきちんとできるかどうか、しっかりした服装ができているかどうかなど、基本的な項目を最初に確認してください。

電話やメールを使って連絡を取っている場合には、スピーディに対応してくれるかどうかもチェックしておきましょう。
仕事が遅く時間にルーズな営業マンが担当に付いてしまうと、購入希望者とのタイミングが合致せずにチャンスを逃してしまう可能性があります。

自分の話をじっくりと聞いてくれる人物であるかどうかも不動産業者と契約を結ぶ前に確認しておかなければなりません。
我が強く、売り主の意見を一切寄せ付けないという営業マンに任せてしまうと、自分が望む条件とかけ離れた内容で売買契約を結ぶよう迫られてしまう危険性がありますから、押しに弱い方は特に注意すべきです。
スポンサードサーチ

こんな営業マンなら手腕に期待できる


手腕に期待できる営業マンは、決して適当な提案と回答をせず、理論やデータを根拠にした説明と提案を行ってくれるという特徴を持っています。
周囲の実勢価格など、説得力のある根拠に基づいた査定価格を提示しているかどうかという点には特に注意しましょう。

他社と比較して極端に高額な査定を付けてくるという営業マンも、契約を結んだ後に一転して値下げの提案をしてくる可能性があるため警戒が必要です。
「一刻も早く売り出すべき」「もっと値下げをしないと絶対に売れない」など、特に根拠もなく恐怖心を煽るような発言をする営業マンも信頼すべきではありません。

メリットだけではなく、売り主や不動産業者にとって不利益になるようなデメリットについても的確に指摘してくれる営業マンは信頼に値します。
反面、売り主にとって都合が良いことばかりを語り、疑問や不安を呈した際に適当な対応をしたり、話題をすり替えたりする営業マンには注意しなければなりません。

質問に対する回答からも営業マンの実力が見えてきますから、分からないことや疑問に思ったことがあれば何でも質問してみましょう。
優れた手腕を持つ営業マンであれば、これまでに培ったノウハウを基に、丁寧で分かりやすく、説得力を伴った回答をしてくれるはずです。
また、分からないことは素直に「分からない」と言い、持ち帰って後日回答してくれる営業マンも、適用な対応をしない誠実な人物として評価できます。

一方で、売り主に寄り添う姿勢を見せない営業マンには要注意です。
説明の節々に専門用語が使われていたり、不必要に感じるペースで外来語を多用したりする営業マンは売り主の立場を理解しているとは言い難く、信頼に値しません。

一戸建ての売却を任せられる営業マンを効率よく見つけるためには


数ある不動産業者の中から、信頼できる営業マンを要している確率が高い業者を選び抜くためには、まず一戸建ての販売実績が豊富な業者を選びましょう
優秀な営業マンだとしても、マンションの売却が上手い人物と一戸建ての売却が上手い人物がおり、それぞれ特徴が異なります。
一戸建ての売買実績が豊富な不動産業者を選ぶことによって、場慣れした営業マンに売買を一任することができるのです。

インターネットを使って不動産業者の口コミを調べておくというのも有効な手立てです。
不動産業者そのものの能力がどうだったのかという点に加え、担当者の人間性や能力についての情報を集めることができます。
様々な業者の知識を持ったスタッフがいる住宅展示場や相談会に足を運び、どの業者を選ぶべきかアドバイスを受けてみても良いでしょう。

最初に面談した営業マンのことを「信頼できる」と思ったとしても、すぐに契約を結ぶことは避けたほうが賢明です。
あくまでも複数の営業マンから話を聞き、その中から最も信頼できると思える不動産業者を見つけることが重要になります。
売買成立までの数ヶ月間を共に過ごす担当者を選ぶのですから、妥協したり焦ったりせず、納得がいくまでしっかりと話を聞き、信頼できる営業マンを見つけましょう。
一括査定サイトを見てみる