一戸建てを高く売るために、どんな準備をして査定に臨むべきか | 家ってYEAH!
   

一戸建てを高く売るために、どんな準備をして査定に臨むべきか

一戸建ての売却は人生の中でもそう多くない特別なイベントであり、少しでも高く売りたいという希望を売り主が抱くのは当然と言えます。
高値で売却するためには、査定を依頼した不動産業者から高い評価を受ける必要がありますが、どのような準備をすれば査定に好影響を与えられるのでしょうか。
不動産業者との良好な関係を保つためにも、ぜひこの記事をご覧になり、売却の参考にしてみてください。

一戸建ての売買価格は査定開始前に決まる

仕事、プライベート、スポーツ…どんな分野でも実戦に臨む前に戦略を立て、しっかりと準備して備えることが成功するためのポイントですが、それは不動産売買でも同じです。
不動産の価格はあって無いようなものなので、業者によって査定で重視する項目が変わりますし、それによって査定額も大きく変化することになります。
一戸建ての大よその売買価格は、査定スタッフが到着する前に決まると言っても過言ではありませんから、高値で売るためにできることを全てこなしておきましょう。

事前準備で最も重要になるのは、物件の長所と短所の両方を正確に把握し、客観的に物件の評価を下しておくという点です。
はじめは箇条書きで構いませんから、建物の外側と内側を一つ一つチェックしながら、気になったことをどんどんノートに書き連ねていってください。
例えば消耗が激しいガス給湯器を最近買い替えたということや、外壁塗装を行ったばかりということでもアピールできるポイントになります。
反対に地震などの被害で建て付けが悪くなった部分やシロアリに侵食されている柱、異音がする換気扇があるなどのマイナスポイントも忘れずに書いておきましょう。

住宅のコンディション以外では、周辺環境も重大なアピールポイントの一つです。
一般論としては都心や繁華街、ビジネス街から近く、最寄り駅までの距離が短く、コンビニなどのお店が近くにあり、治安の良い地域ほど高い査定が付きやすくなります。

なぜ敢えてマイナスになる項目も整理すべきなのかと言えば、これは不動産業者との信頼関係を強固なものにするためです。
物件の良いところばかり過剰にアピールし、マイナス点に触れないでいると、いざ悪いところが見つかった場合に業者に対して悪い印象を与えてしまいます。
例え隠すつもりがなかったとしても、不動産業者は「他にも悪いところがあるのではないか」と疑うようになり、査定価格が厳しくなる場合があるのです。

[post_link/]

掃除をする際の最重要ポイントは水回り

不動産業者は、会社が定めるガイドラインに沿って平等な査定を行っていますが、最終的には人間の感覚が査定価格を決めるので、物件に良い印象を持ってもらうことが大切です。
業者側に「自信を持って顧客に勧められる物件」と認識してもらえると、多少強気な価格でも売買を成立させられる可能性が高まるのです。
そのためには住宅を綺麗に使っていることをアピールすることが効果的で、特に生活感が出やすい水回りは担当者が訪問する前に掃除しておきましょう

実際に購入する内覧希望者ではなく、不動産業者に室内の綺麗さをアピールしても無意味だと考える方もおられますが、高く売るためには業者へのアピールこそ重要です。
一度売買価格を決定すると、そこから値下げをすることは簡単ですが、原則として値上げに踏み切ることはできません。
一戸建てを売却するために最大の価格を付けられるのは、査定を受けるタイミングが最初で最後になりますから、業者からの高評価を引き出すことはとても大切です。

もちろん査定は1社からではなく、少なくとも3社以上に依頼して、実際に現地を調査してもらうことをおすすめします。
業者によって評価基準が異なり、査定価格の差額は数百万円単位に及ぶことも普通ですから、より高い評価を下してくれる業者を探すことも大切なポイントです。

焦らずにじっくりと時間をかけて購入希望者を探す

査定の流れの中では、契約を結んだあとにどのような戦略を立てて一戸建ての売却を行うのか、大体の流れを決める必要も出てきます。
何らかの事情によって一刻も早く物件を現金化したいという場合には仕方がありませんが、特に急ぐ事情がなければ焦らずにじっくりと購入希望者を探しましょう。

数千万円という金額の取引になることも多い不動産売買は、売り主だけではなく、購入希望者にとっても人生を賭けた大きな買い物です。
購入希望者が例え数十万円、数万円でもいいから安く買いたいと考えることは当たり前であり、不動産業者は売り主の利益を守るために高度な駆け引きを仕掛けることもあります。
そういった際に「どうしても早く売りたい」という事情があることは売り主にとって不利で、足元を見られたような値下げを提案されてしまうケースも少なくありません。

ですから、特段の事情が無い場合にはじっくりと腰を据えて売却のタイミングを待ち、無用に値下げをして注目を集めようとすることは避けましょう。
一戸建ての売却には平均して3~6ヶ月程度を要することがほとんどなので、少なくともその期間が過ぎるまでは慌てずに、購入希望者が現れるのを待ってください。