事故物件のマンションを売却するための方法 | 家ってYEAH!
   

事故物件のマンションを売却するための方法

自殺や孤独死が発生した部屋は事故物件として取り扱われ、一般的な市場価格を維持したままで売却することは極めて困難です。
一戸建ての場合には一度更地にするなどの対策を取ることもできますが、それが不可能なマンションで事故が発生した場合にどうやって売却すべきなのか、具体的な方法を紹介します。

事故物件のマンションを売却するための方法を解説

事故物件は告知する義務がある


事故物件には具体的な定義が設けられていませんが、一般的には自殺や他殺、孤独死など死亡に関連する事件が発生した物件を「事故物件」と総称しています。
この他にも火災による一部の消失や、マンションではあまり起こり得ないことですが、津波による浸水被害を受けた部屋も事故物件として取り扱われることがあります。

事故物件は次の購入者に告知する義務があり、これを隠して売却した場合には、心理的瑕疵(かし)を理由に売買代金の返還請求訴訟を起こされる可能性があるため要注意です。
数十年前に行われた売買でも、後に事故物件であることが発覚し訴訟に至ったという実例もあるため、必ず事故物件であることを承知した上で購入してくれる人物を探さなければなりません。
具体的には、重要事項説明書において事故の存在を明確に記し、さらに売買契約書にも備考として事故物件であることを記載した上で契約を結びます。
事故物件であることを告知した証拠が売買契約書に残っていれば、後々のトラブルに発展するリスクを排除できるため、売り主としても安心して取引ができるようになります。
家族や近親者に関する情報を記すのは辛いかもしれませんが、契約上絶対に必要なことですから、事故の内容と結果は誤りが無いように正確に記入してください。
スポンサードサーチ

事故物件を売却するためにはリフォームがおすすめ


マンションという都合上、建物そのものを壊して形跡を無くすことはできませんが、当該箇所をリフォームして綺麗な状態に戻すことはできます。
新築同様の内装を施すことによって、事故が起きた当時の生々しさを完全に消すことができますから、内覧の際にも悪い印象を与えにくくなります。

リフォームを行い、当時の面影は全くないということを購入希望者に伝え、「これならば問題なさそうだ」という印象を持ってもらうことが第一段階です。

孤独死が起きていたという場合には、死臭が建物の中に染み付いてしまう場合があり、これはリフォームだけで取り除ける問題ではありません。
こういったケースでは、特殊清掃を依頼することによって臭いを落とすための特別なクリーニングを受けられ、問題を解決することができます。
また、事故物件の場合には、「悪臭をごまかしているのではないか」という疑念を持たれる可能性もあるため、アロマやお香を焚くことは控えておきましょう

リフォームを行っても減額は避けられない


こういったリフォームや特殊清掃を行っていたとしても、市場価格通りに売却を進めることは極めて困難であり、大幅な減額を避けることはできません。
事故物件の場合には市場価格から2~3割程度を割り引いた価格で売りに出すことが一般的で、内覧の申し込み件数などの状況を見ながら更に値引きを進めることになります。

値引きの必要は発生しますが、一般に向けた事故物件の販売を諦める必要は全くありません
最近では賃料の安さから事故物件の賃貸契約を結ぶ方が増えており、事故物件を専門的に紹介する不動産業者も登場するほどの人気を誇っています。
また、物件の過去について全く興味がなく、事故が起きていても何ら気にしないという方もおられます。
市場価格よりも安くリーズナブルに購入できれば、事故物件であったとしても構わないという方は多いので、告知義務さえ遵守すれば、売買に引け目を感じる必要など一切ありません。

一括査定や不動産買取を依頼する


事故物件の場合には不動産業者選びが特に重要になり、事故物件の販売実績が多く、売り方をよく知っている業者に売却の依頼をすることをおすすめします。
この際に活躍するのが不動産の一括査定であり、活用することによって高く査定してくれる強気な業者を見つけられることはもちろん、様々な業者の担当者から見通しについて話を聞くこともできます。
一括査定サイトを見てみる

業者によっては事故物件の取り扱いを拒むこともありますから、相談する時間の無駄を防ぐためにも、積極的な宣伝を期待できる業者を一括査定から見つけましょう

また、なかなか買い手が見つからないという場合には、不動産業者に直接買取をしてもらうという選択肢も視野に入れてください。
買取価格こそ低下してしまいますが、即座の売却が可能になることがメリットで、処分を急いでいる方にとって最適な売却方法です。
後になって買い主とのトラブルに巻き込まれる心配も無くなるため、買い主との接し方に不安を抱えているという方にもおすすめできます。