マンション売却は今がチャンス!?売り物件が不足!今、中古マンションが人気の訳 | 家ってYEAH!
   

マンション売却は今がチャンス!?売り物件が不足!今、中古マンションが人気の訳

日本人は特に「新品」を好む傾向にあり、不動産に関しても新築物件ほど高く評価される傾向にありますが、近年では中古の売り物件が不足するほどの需要過多が起こっています。
なぜ敢えて中古物件を選んで購入しようと考える方が多いのか、今回は中古マンションが人気になっている理由を解説します。

マンション売却は今がチャンス!?売り物件が不足!今、中古マンションが人気の訳

欲しいエリアの物件を見つけられる

例えば東京都内では港区や中央区が人気ですが、こういったエリアには空いている土地が非常に少なく、新築で新しいマンションを建てる余地が少なくなっています。
それでも人気のエリアに住みたいと考える方はとても多いため、自然と既存の中古マンションに注目が集まりやすくなり、売買金額も高値を維持しているのです。

2013年度のデータによると、中古住宅の供給戸数は新築物件のおよそ3倍にまで及んでおり、購入を検討している人にとってより多くの選択肢が用意されていることも分かります。
たくさんの候補の中から良い物件を見つけ出したいというのが消費者心理ですから、中古という条件に絞った上でマンションを探す人も多いという訳です。
過去数年で建てられた新築マンションが極めて少ないというエリアでは、将来的に新築マンションが建つ見込みも少なく、中古マンションの人気が更に高まるという傾向も見られます。

[post_link/]

予算を抑えて購入することができる

売り主にとってはあまり良い話ではありませんが、買い主にとっては新築マンションと比較して予算を抑えながら良い物件を見つけられることも中古マンションの魅力です。
人気が高いとはいえ、中古マンションの価格は築年数の経過と共に下げざるを得ず、新築時と同等の価格で手放すことはできません。
日本経済の景気は回復傾向にあるとされていますが、消費者にとってはまだまだマンション購入に使える予算は少なく、割安な中古マンションに人気が集中しやすいのです。

マンション購入に4000万円の予算を用意しているとしても、新築マンションと中古マンションとでは購入できるマンションのグレードに大差が生じてしまいます。
もちろん新築に越したことはありませんが、「新築だけど郊外で2DKの4000万円」「中古だけど都心で3LDKの4000万円」とを比較して後者を選ぶ人は後を絶ちません
現実的な選択を迫られる人にとって、リーズナブルな中古マンションは非常に魅力的な存在として君臨しているのです。

自由なリノベーションを施しやすい

新築マンションは既に「完成形」の状態で売りに出されていることが普通で、カスタマイズできるパーツはごく一部に限られています。
人気物件の場合には抽選になることもあり、希望している間取りの部屋を購入できないというケースすら見受けられます。
しかし中古マンションの場合には、希望する間取りの物件を見つけやすいことに加え、購入後のリノベーションにも自由が利きやすいという魅力があるのです。

例えば大きなリビングの物件を希望しているというケースでは、リビングに隣接する部屋の壁を取り払うリノベーションによって、20畳以上のリビングを設けることもできます。
子供が多く、部屋の数を増やしたいという場合には、反対に既存の部屋に仕切りを作って部屋数を増やす工事を行うことも可能です。

中古マンションなら購入時の予算を抑えることができるため、リノベーションにかける予算を残しやすいというメリットも消費者にはあります。
水回りの改築には数百万円単位の予算が必要になりますが、新築と比べて物件購入にかける予算が少なくなるぶん、これは消費者にとって大きな障害にはなりません。
むしろリノベーションにかかる費用を逆算した上で物件を探すという方も多く、これも中古マンションの人気を下支えする大きな要因になっています。

マンションの評判を確認してから購入できる

新築マンションの場合には、未知数な項目が多い状態で購入しなければなりませんが、中古マンションなら物件の評判を確認した上で購入を決断できます。
内覧の際には住民の雰囲気を知ることもできますし、トラブルを起こしている住民がいるのか、いないのかをチェックした上で購入の申し込みが可能です。
耐震強度の偽装や、被災による損傷が度々問題として明るみに出ますが、このようなリスクを回避できるという点も中古ならではの利点です。

マンション内で起こっているトラブルのみならず、近隣の治安について確認できることも中古マンションの魅力と言えます。
実際に住んでみなければ分からない情報の手がかりは、新築マンションからは得られませんが、中古マンションなら口コミなどから簡単に入手することができるのです。
ですから、内覧に訪れた人と会話を交わす機会があれば、マンションの安全性や快適さをアピールすることによって、売買成立の可能性を高められるということになります。

[textlink]