最近流行りの不動産一括査定のメリット・デメリット | 家ってYEAH!
   

最近流行りの不動産一括査定のメリット・デメリット

現代の不動産売買において一括査定は欠かすことのできない存在となっており、多くの一括査定サイトが登場し、売り主を力強くサポートしています。
メリットばかりがクローズアップされがちな一括査定ですが、ここで紹介するデメリットの存在も念頭に置き、サービスの中身をより深く理解した上で利用しましょう。

最近流行りの不動産一括査定のメリット・デメリット

売却価格が高くなりやすいことが一番のメリット

まず一括査定のメリットについて整理していきますが、やはり売却価格を大きく左右する「査定価格」が高額になりやすいという点を一番のメリットになります。
査定価格の基準は不動産会社によって異なっており、同じ物件、同じ条件でも「4000万円」と査定する会社があれば「3500万円」と査定する会社もあります
売り主にとっては高い査定価格を出してくれる会社を見つけることは至上命題ですが、複数の不動産会社の査定を聞ける一括査定なら、優良業者を見逃す心配がありません。

不動産会社側から見ても、査定を申し込んでいる人物が一括査定サイトを使っているか、そうでないかは最初の段階で判断することができます
必然的にライバルとなる会社の存在を意識することになりますから、他の会社に負けないように高額な査定を提示してくるというケースも少なくありません。
売却を開始してから物件の値上げを行うことは難しく、最終的に値下げ交渉に応じる必要性も考慮すると、高額で査定してくれる会社を探すことはとても重要です

数ある不動産業者の中から、信頼できる営業マンを見極める方法

[post_link/]

手間がかからず、時間を節約できる

一括査定サービスが登場する前も、いくつかの不動産会社まで足を運び、ほぼ同時に査定を受けるということは可能な作業でした。
しかしこれを実行するためには、まず近隣の不動産会社を探すことから始めなければなりませんし、物件の詳細についても一つ一つ丁寧に説明しなければなりません。
1社あたり1時間が必要になるとすれば、6社を回るには一日がかりになりますし、移動時にかかる交通費も自腹で捻出しなければならないという問題も生じます

こういった問題点を一気に解決させているのが一括査定であり、一括査定を利用すれば自宅から一歩も出ることなく複数の会社から査定を受けることが可能になります。
査定の申し込みから訪問に至るまでの全ての過程をインターネットのみで行えますから、時間とお金を節約して条件の良い不動産会社を見つけることができるのです。
売却と並行して新居の契約や引越しの準備を進めなければならないこともありますが、一括査定ならこういった時間を設けながら売却のための不動産会社を探せるメリットがあります
高く売るなら絶対に使うべき!”一括査定サービス”とは

査定価格は目安に過ぎないことが最大のデメリット

高額な査定価格を提示してくれる不動産会社を見つけやすいことは確かにメリットですが、その反面、査定価格はあくまでも目安に過ぎないという点はデメリットです
仮に、最初の段階で4000万円という評価をしてくれたとしても、これは4000万円で売却できると確定したことにはなりません。
実際に訪問査定を受けた結果、「3500万円にしかならない」と評価されてしまうこともあり、最終的に他社の評価額を下回ってしまうケースが発生する可能性もあります。

4000万円の査定を維持した状態で売却を始められたとしても、その価格が客観的に見て割高すぎる場合には、その価格のままで売却を成立させることは困難です。
悪質な不動産会社と契約を交わしてしまうと、売却開始後に大幅な値下げを提案され、希望する売却価格には遠く及ばなくなってしまうという問題も起こっています。
もちろん契約期間満了後に他の不動産会社と契約を結び直すこともできますが、媒介契約は3ヶ月間に及びますから、多くの時間を無駄にしてしまいかねません。

これらのデメリットを避けるためには、不動産会社の評判を事前に確認することに加え、売却価格の正しい相場を自分自身で理解しておくことが重要です。

[textlink]

簡単には申し込めないという側面もある

必要事項を入力して送信するだけの一括査定サービスですが、ある意味では気軽に申し込むことのできないサービスであるとも言えます。
何故ならば、一括査定を受けるためには匿名での申し込みが原則として認められておらず、実名や電話番号、売却予定物件の詳細を不動産会社に明かさなければなりません
一括査定サービスの利用は無料ですが、だからこそ不動産会社も「本気で売却を考えている人」だけをターゲットにしていることも事実です。

申し込みを行えば、不動産会社から確認を兼ねた電話がかかってくることになりますし、もちろん不動産会社側は契約を前提条件にして売却に向けた具体的な提案をしてきます。
ですから、「とりあえずいくらで売れるのかを知っておきたい」という気持ちだけで一括査定を申し込むことは避けたほうがいいでしょう
中には匿名での申し込みを受け付けている一括査定サービスもありますが、査定価格などの精度が下がってしまうというデメリットを持っています。

不動産業者と交わせる契約の種類と、それぞれのメリット・デメリット

一括査定サイトは良いか悪いか

結論から言えば、不動産を売却する時は使わない手はないでしょう。
最終的に不動産会社と媒介契約をするのは、アナタ次第なので必ずしも契約しなくても問題ありません。
一番査定額が高い不動産会社だけでなく、販売意欲のある不動産等、依頼主である貴方が見極め依頼をしましょう。
引き渡しのその日まで、きっと協力的に、そして分からない事等に対してもアドバイス等も丁寧にしてくれるはずです。

[textlink]